水彩画を仕事にする方法をプロが初心者に分かりやすく解説します。

水彩画家のすなおです。

絵を描く人には色々なタイプが存在します。

・ただ描いて満足な人。

・人に見せたいと思う人。

・絵を通してお金にかえたいと思う人。

この中で、お金にかえたいと思う人は、言い換えれば「プロの画家になりたい」と言うことです。

誰でも好きなことをして生きていくことは理想的です。

画家という職業が一般的では無いために、この理想を夢として終わらせてしまう絵描きのなんと多いことか。

私の知り合いの絵描き達は、夢を夢として諦めずに努力して充分プロの画家として活躍しています。

プロの画家の定義とは一体何なのかを考えたところ、私は、絵を通してお金を稼いでいる時点でプロを名乗って良いと思っています。

このブログを読んでいるあなたが、1円でも絵を通して稼げたならば、それはプロと言えるでしょう。

今回は、私の今までのプロの画家としての経験から、水彩画を通して必ずお金を稼ぐことができる方法を紹介します!

ちなみに、私は犬の肖像画家として活動しています。

※猫もたまに依頼が来ます(笑)

私自身が実践してきたノウハウなので、同じようにやれば必ずお金を稼ぐことができます。

お金を稼ぐといっても、大金を稼ぐ方法を教えるわけではありません。

大きなお金を稼ぐには、また別のやり方があります。

まずは、絵をお金に代えることの感動を通して自信をもってもらうことが目的です。

言う通りにすれば必ず絵をお金にかえることができますので、是非とも最後まで読んでくださいね。

水彩画で稼ぐには?まず最低限の画力が必要!

ここから話をするの?と思われそうですが、これはとても大事なことです。
ただでさえ増税で先行き不安な人達に、大切なお金を払ってまでも絵を買いたいと思わせる画力がなければ話になりません。

自分の絵がお金にかわる価値のあるものなのか簡単に分かる方法があります。

それは、自分の絵を知り合いに見てもらうことです。

見てもらって、お金を出してでも買いたいと思うかどうかハッキリ聞くのです。

「う~ん!ちよっと!」

と言われるようでは難しいでしょう。

※「いいね!」と簡単に言ってくれる友人から本音を聞き出す方法があります。

それは、「じゃあ買ってください」と直球で伝えることです。

自分自身でまだまだだと思う人は、自分に投資するつもりで絵画教室に通うのもいいでしょう。

とにかく、プロとして稼ぐには、画力は必要最低条件となります。

水彩画で稼ぐには?いきなり自己ブランドを押し付けない。

さて、最初の画力を軽くクリアしていても、なかなか絵が売れない人がいます。

それは、自分の世界観で描いたオリジナルの絵をいきなり売ろうとする人です。

どんなに素晴らしい絵を描いても、無名のうちは中々ラッキーに売れるというのは難しいことです。

世界的に有名なゴッホだってちっとも絵が売れなかった訳ですから、死んでから売れても意味ないのです。

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

水彩画で稼ぐには?まずマーケティングからはじめること!

マーケティングって何だろうと言う方のために簡単に説明します。

マーケティングとは、要するに相手が欲しいものは何なのかを考えてものを用意することです。

この、相手が欲しいものを考えるというのがポイントです。

自分の世界観を表現したい気持ちは絵描きとして誰でも持っていることです。

しかし、その世界観が受け入れられるには時間と手間隙がとてもかかるのです。

それよりも、相手の身になって、相手の立場になって、相手が何を欲しがっているのかを考えて絵を描いた方がすぐにお金にかわります。

水彩画で稼ぐには?シュリーマン方式で望む!

シュリーマンをご存じでしょうか?

トロイの木馬の遺跡の真実を調べるために、自分自身がまず、遺跡の研究とは全く関係のない仕事を頑張って大金を稼ぎ、そのお金を使って遺跡発見の夢を叶えた人です。

何が言いたいかというと、本当の目的のために違う道も精一杯努力をしたから夢が叶ったのです。

あなたが、自分の水彩画の世界観を表現したいと思っていても、このシュリーマンのように高い目標を持っていれば、少し位マーケティングに合わせた絵を描く事は苦では無いはずです!

わたしは、これをシュリーマン方式と勝手に読んでいます。

水彩画で稼ぐには?人の望む絵を描く!

では、具体的にマーケティングといってもどうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。普通の人達が絵にして欲しいと思う事を絵にすれば良いのです。

ズバリ言いますと、一番外れなく需要があるのが似顔絵などの個人のためだけに描く絵です。

記念日だったり、ウエディングボードだったり、子供の絵だったり、これらは特別な営業をしなくても、知り合いを通してクチコミしてもらうだけでも簡単に絵をお金にかえることができます。

これだけで、1円も稼げなかった状態を卒業することができます。

似顔絵か得意では無いと言う方、特別似顔絵じゃなくても大丈夫です。

個人の人が描いて欲しいと思う絵を要望通りに描くことを頭に入れておけば良いのです。

水彩画でお金を稼ぐには?日頃から画家であることをアピールする。

例えば、私が最初に絵の依頼を受けたのは、都内のお金持ちの絵画コレクターからでした。

きっかけは、当時の勤務先のウェルカムボードに私が花の絵を描いたのをその人が見て、気に入ってくれたことでした。

コレクターKさんの家の玄関に飾る風景画の依頼を受けたのがはじめてのわたしの画家としての仕事でした。

このように、全然関係のない職場でも、ウェルカムボードを高いレベルで描くだけで、見てる人は見てくれています。

チャンスはどこに転がっているか分かりませんね。

水彩画で稼ぐには?人の集まりに顔を出す!

自分のオリジナルの絵を売るのは説明から細かく入らないといけないし、気に入ってもらわなければ買ってもらえないのでハードルが高いですが、相手が欲しいと思う絵を提案するのは一気にハードルが下がります。

近所を見渡してみて、地区のお祭りだったり、自治会の集まりだったり、アルバイトやパート先の飲み会等には積極的に参加しましょう。

わたしは、お酒が実はあまり飲めないのですが、そうやって人の集まりに足を運んで行きました。

そうすると、必ず地域の有力者と巡りあえて、今度の○○祭で似顔絵ブースに参加してくれ等と依頼が来ます。

こちらから頼めば参加料がかかる場合でも、相手から頼まれれば只です(笑)

絵をお金にかえるにあたって、地域の力を借りない手はありません!

水彩画で稼ぐには?ペットの似顔絵を描く!

これはマーケティングの中でも、おそらく一番需要があるのではないかと言うのがわたしの画家としての結論です!

実際、私は犬の肖像画家として活動していますが、元々はペットの似顔絵をやっていました。

何だって描きました(笑)

ウサギやインコ、モモンガを描いたこともあります。

私も実家でペットを飼っているので、飼い主にとって動物がどれくらい大切な存在なのか知っています。

ペットの似顔絵を始めたときは人物の似顔絵とは比べ物にならないくらい注文がありました。

※安くやっていたということも理由の1つです。需要があるかどうか確かめるためでもありました。

ペットの似顔絵は、画力があれば間違いなく依頼を受けることができます。

ここまではクチコミや近所の中で稼ぐ範囲のお話でした。絵をお金に代えて自身がついてきたなら、もう少し手を加えることで幅広くお金を稼ぐことができるようになります。

私が実際にやってきたお話をもう少ししますね。

もっと水彩画でお金を稼ぐには?お客さまをこちらで選ぶ!

さて、つぎはアナログながらに効果絶大な方法をお伝えします。

それは、お客さまをこちらで選ぶ事です。

もちろん、選ぶようになるには、自分が選べるような絵を描けるようになっていることが前提です。

私の経験を例としてお話をします。

私は、ペットの似顔絵をはじめてから、犬の絵の依頼を沢山受けたことから、犬の絵の専門の似顔絵に切り替えました。

こうしたことから、ターゲットが明確となり、私の絵を求めている人は犬を飼っている人に限定されました。

こうなると、こちらからお客さまを選ぶことができるようになります。

※ターゲットを絞ることを、マーケットセグメンテーションと言うそうです。

私は、最初、ブリーダーやペットショップに営業をかけました。

しかし、仕事に繋がることはありませんでした。

そこで、考え方をかえてみました。

それは、人間が美しい姿を絵や写真に残したいように、犬の飼い主も、自分の愛犬の美しい姿を絵にして残したいのではないか?と。

そう思い、ターゲットをペットサロンに変更してみました。

まぁ、ぶっちゃけですが、ターゲットをかえたところで簡単には仕事は入ってきません。

足を運ぶのも疲れたのでとにかく色んなところに手紙を出してみたところ、

30通位出して1件、コラボしてうちとやってみませんかと返事が来ました。

(ちなみに、手紙は全部手書きです。本気度が伝わるでしょう?)

1件うまくいけば、次の宣伝に使えますので、意外と次に繋がるのは簡単なんです。

でも、この1件がつかまらないがために諦める人がほとんどです。

もうハッキリ言いますが、本当に好きなことをしようと思えば簡単にいかないことをいかに面白くするかしかありません!

ちょっと熱く語ってしまいましたが、このアナログなダイレクトメールの手法は今でも効果は充分にあります!

水彩画でお金を稼ぐには?マスコミを活用する!

よく、取材を受けてから仕事が入ってくるようになったという話を聞くことがあります。

こちらからマスコミに連絡して取材をしてもらう事をプレスリリースといいます。

確かに、取材をお願いすると宣伝効果は抜群ですが、自分から頼むとお金がローカルだとしても多少かかります(汗)

相手から見つけてもらって取材をしてもらうのが一番の方法です!

そんな都合のよい事がはたしてできるのかと思うでしょうが、これができるんです。

あるものを活用することでそれは可能となります。

水彩画でお金を稼ぐには、ホームページを持つこと!

それは、自分のホームページを持つことです!

私は、犬専門のホームページをこのサイトとは別に持っています。

サイトを運営していたある日、一通のメールが来ました。

それは、私の犬に対する活動理念に共感したというウェブニュースの代表の方からでした。

こんなこともあるんだなあと当時はスッゴク驚いたのを覚えています。

まさか私が取材を受ける日が来るなんて(笑)

今でもそこの代表の方とは懇意にしてもらっており、また、そのお陰で肖像画の仕事も定期的に入ってくるようになりました。

水彩画でお金を稼ぐには?とにかく情熱を持つことである!

いきなり根性論見たいになりましたが、これはほんとに正論です。

何のつてもコネもない状態から様々な人に助けられてこんにちまで水彩画でお金を稼ぐ事ができるようになったのは、絵で絶対に仕事をするぞ!という情熱が周りに伝わったからだと思います。

やる気のない人に仕事を依頼する人はどこにもいません。

生きていく上でとても大切なお金を、不景気でもあなたに渡したい!と思わせるには、情熱しかないのです!

新しい水彩画ビジネスの形へ

現在、私は新しい水彩画のビジネスを模索して日々行動しています。

ホームページのお陰で刺激を受ける方との出会いが増えました。

その中でも、インターネットを活用して画業を仕事につなげ成功している方と出会ったのが

私にとって考え方の大きな転機となりました。

それまで、アナログで実際に足を運び、手紙を出して仕事をもらっていましたが、

これからはネットの時代だなあとしみじみ思ったものです。

こうやって、新しいことに積極的に自分から取り組んでいかないと時代に乗り遅れて画家でもなんでも生き残れないのではと思います。

 

さぁ!水彩画でお金を稼ごう!

さて、ここまで長い文章を読んでくれてありがとうございました。

読んでくれたと言うことは、少なからずプロの画家になりたいという気持ちがあるのではないかと思います。

是非、ただ読んで終わりにするのではなく、最初の一歩を踏み出して行動にうつして欲しいと思います。

鎌倉の知り合いは、ワークショップから水彩画教室をはじめて、いまや売れっ子人気水彩画講師をやっています。

私に絵の仕事の仕方を教えてくれている先生は、若くして絵画教室とビジネスの先生をしています。

成功している人達は、かならず行動を常にし続けています。

私の経験からしても、何か行動を起こせば、かならず仕事に繋がってきました。

さぁ!あなたも水彩画を愛する仲間として、是非とも何か行動を起こそうではありませんか!

きっと夢は叶うことでしょう。

このブログをきっかけに、プロの画家になった人が一人でもいれば、記事を書いて良かったなぁと思えます。

是非とも行動にうつしてくださいね!

水彩画家すなおより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です