次世代型メディア実践スクールで画家になれる?受講者の本音教えます。

こんにちは、水彩画家のすなおです。

私は、プロの画家になりたくて田舎から上京し、有名な画家のもとで勉強しました。

絵の勉強をすることで上達した私は、プロの画家になるにはどうすれば良いのか考えるようになりました。

自分なりに考えてダイレクトメールを送ったり、チラシのポスティングをしたり、飛び込みの営業なんかもしました。

どれもそれなりに効果はあったものの、安定して稼げるところまではいきませんでした。

しかも、営業してまわる分、当然ながら絵を描く時間も減ってしまうのです。

どうしたらもっと効率よく営業ができるのだろう?

そう悩んでいたときに、あるきっかけで私は「 次世代型メディア実践スクール」に出会ったのです。

 

次世代型メディア実践スクールって何?

受講したらプロの画家になれるの?

タイトルだけでは色々と疑問に思うことでしょう。

ここでは、実際に受講してみた私が正直に感じた事をレビューしていこうと思います。

次世代型メディア実践スクールって何を学ぶの?

まず、 次世代型メディア実践スクールとは何なのかを簡単に紹介しますね。

このスクールは、パソコンによって個人メディアを立ち上げ、次々と集客ができるようになる方法を教えてくれる所です。

個人メディアといっても、ホームページを作ってハイ終わり!見たいな単純なものではありません。

正しい知識をもとに学んでいけば、次々に人を呼び込むことができる仕組みを作ることができます。

インターネットで検索するのが当たり前の時代、パソコンをうまく活用しない手は無いわけです。

最初に言っておきます。

ハッキリ言って、受講して良かったです。

何が良かったかを説明する前に、少し私の失敗談の話を聞いてください。

 

知識が無いために損をした話

これからの時代、画家もパソコンによる集客が必要になってくると薄々私も感じていました。

それというのも、ダイレクトメールや営業に力を入れすぎると絵描きとしての時間が取れないため悪循環になると分かったからです。

まず、私はとあるホームページ会社に依頼をしました。

※あえて名前はふせています。

そうしたところ、やれドメイン取得のためにお金がいるだの、サーバー管理でお金がいるだの色々言われた挙げ句、半年近くたってもホームページが立ち上がらなかったのでした!

この時私はすでに11万円払っていました。次世代型メディア実践スクールで学んだ今の私からすれば、なんとバカらしい事をしたのだろうと思いますが、当時の自分は無知も無知だったため、話が進まない現状に嫌気が差して結局泣き寝入りしたのでした。

人任せなために失敗した話

高い授業料を払って失敗を学んだ私は、自分でホームページを立ち上げようと頑張ることにしました。

インターネットで検索すれば、分からないことは無いだろうとやってみたものの、何が分からないか分からないか状態が続き、結局挫折してしまいました。

そこで、また悪い癖が出てしまい、今度は評判が良いホームページ作成の会社に依頼をしたのでした。

さすがに評判が良いだけあって前回の業者とは違いサクサクとホームページは完成しました。

ただ、完成した後に大事な事に気付いたのです!

それは、注文したときは格安だと喜んでいたのですが、その後の維持管理費が地味~に継続してかかる現実でした。

また、ホームページの内容を変えようとする度に、これまた地味~に小金が必要だったのでした。

塵も積もればかなりの金額です!

※次世代型メディア実践スクールを受講した今なら、お金なんかかけず自由にホームページをカスタマイズできます。
知ってしまえばたったこれだけで何千円も取るの?と驚くことばかりです!ほんとに!

 

情報商材で失敗した話

いや、ほんとにこりないなと思われるかも知れませんが、どうしても絵を描く時間が欲しかったため、とても素敵なうたい文句のメディア戦略なんちゃらかんちゃらに手を出した事があります。

その商材は詐欺でも何でもなく、確かに立派なものでした。

ただ、あまりにも立派すぎてちっとも理解できなかったのです(汗)

質問を自由にしても良かったのですが、何を質問していいかも分からないような立派な商材に悪戦苦闘しました。

結果、またもや挫折したのでした。

 

ホームページは育てなければ意味がない!

役に立たないホームページの事を、よく「ハコモノ」などと言います。

業者に委託して立ち上げたホームページはほとんどが悲しいことにハコモノとなって終わりです。

そして、たとえホームページを育てようと思っても、業者を介入するため継続してお金がかかるのです。

※こちらでカスタマイズできないようにロックがかかっている。

これは失敗して見ないと分からない所でした。

目先の安い宣伝文句に絶対に踊らされてはいけませんよ!

集客ができる強いホームページを作りたいと思うのならば、結局のところ自分でやるしか無いわけです。

ところが、私は1度自分で立ち上げようとして失敗した身、どうしようもなく途方にくれていました。

そんな時に 次世代型メディア実践スクールを知ったのです。

 

今までの悩みは何だった!次々と疑問が氷解!

スクールを受講した私がまず最初に思ったことは、分かりやすさでした。

独学でホームページメディアを立ち上げようとしたときは、必要のない情報まで頭に入ってくるためチンプンカンプンでした。

ところが、 次世代型メディア実践スクールは、恐ろしいほど無駄なことを省いて画家として必要なメディアの作り方だけを教えてくれるのです。

最初からこれに出会っていればあんなに損をすることもなかったのにと思いましたが、失敗があったからこそ良さが分かったのかもしれません。

 

画家になりたければ迷わず受講しよう!

私は、このスクールにであうまで本当に遠回りをしました。

私が失敗した内容がいかに笑い話であるかが受講すると分かります。

ハッキリ言って、プロフィールに顔写真までのせているのに、こんな恥ずかしい失敗談なんてほんとは書きたくありません。

しかし、画家を志す人が同じような失敗をしないためにもあえて書かせて頂きました。

 

勘違いしてはダメ!「実践型」に注目!

ただし、このスクールを受講するにあたって、1つ注意しなければならないことがあります。

それは、「実践型スクール」だという点です。

私の失敗談の話のように、なんでもかんでも他人任せな気持ちで受講しても結果は出ません。

どれだけ分かりやすく素晴らしい授業も、受ける本人の気持ちがいい加減だったら結局同じだと言うことです。

わたしは次々と失敗したからこそ、このスクールの分かりやすさと素晴らしさが身に染みて分かります。

ちょっと厳しいことを書きましたが、他人任せや努力不足で失敗してきた自分がここでうまくやれているということは、それだけ分かりやすいと言うことです。

パソコンはちょっと、と思うかたでも全く問題なく学べます。

終わりに

何度も繰り返し言いますが、画家として今の時代成功したいならパソコンによる個人メディアの作成は必要不可欠です。

今日、紹介した 「次世代型メディア実践スクール」について詳しく知りたいかたは下記のリンクをクリック下さいね。

絵の描き方を学べるオンライン無料講座をプレゼント中!今なら3大特典付きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です